お知りになりたいことは何ですか?

水嶋さん201112履行保証HPTOP用.jpg

値段はおいくら?

入札・落札物件の情報をお伝えください。最速でお値段をお伝えいたします。(履行ボンド・履行保証の値段は、保険会社によって異なります。また、御社の決算の状態によっても異なります。)

時間はどれくらいかかるの?

全国最速レベルで対応いたします。お電話いただければスケジュールをお伝えいたします。本日何と何をして頂いて、証券がいつ届くかをお伝えいたします。

 

何が必要なの?

必要書類をお伝えします。実は、ご用意いただく書類によっては、御社の受注の可能性が変わります。

セミナーのご案内

無料の入札のセミナーでお話させて頂きます。 

詳しくはこちら http://www.navit-j.com/press/sem160413.html

お問合せはこちらへ

問い合わせ内容
今すぐ履行保証が欲しい!
今すぐではないが、常時公共工事を受注しているので相談したい!
セミナーに参加したい。
その他
会社名(必須)

(例:山田商事株式会社)
お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
TEL(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
ご質問はこちらへどうぞ
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

お問合せ・ご相談はこちら

 

履行保証保険、履行ボンド、公共工事などについて、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

 

  • 結局費用はいくらかかるの?DSCF7183.jpg
  • 履行保証保険をだしてもらうまでに、どのくらいかかるの?
  • 必要な書類はなに?
  • 履行保証保険は、いくらまでの保証をしてくれるの?
  • 公共工事に着手してみたいが、どうしたらいいの?

このようなお悩み相談でも結構です。

あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 03-6661-9357
受付時間 : 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)
担当 : 水嶋(みずしま)

お問合せフォームはこちらへ


公共工事・入札必勝マニュアル(入札とは)

 公共工事による入札の基本知識です!
「基本知識を知らずして、公共工事・入札を語るなかれ」ということで、公共工事の入札へ着手されている方は必読です! 


公共工事の入札心得

公共工事の受注者を決定する方法である競争入札の執行方法については、会計法令、地方自治法令等で規定されています。
これら入札に関する法令などを、入札参加者が的確に理解して入札の円滑な執行を図るため、入札手続きに関する定めをまとめたのが入札心得です。入札心得は、指名競争入札の場合には指名通知書と同時に送付されるのが基本です。

入札心得には、入札執行の手続き、無効となる入札、落札者の決定方法、再度入札、契約書の提出手続き、契約保証の付保方法などが明示されています。


▲このページのトップに戻る

 入札の作成における入札金額と期間

入札参加者は、入札金額を積算します。

その際によく読む必要があるものが、
・工事の図面
・仕様書
・入札の方法
・現場説明書
・現場説明に対する質問回答書
・契約書案および現場
・異議の申し立て 
以上のものになります。 


赤字受注にならないように
入札金額の積算に当たり、十分な時間が確保されていない場合には、入札参加者が積算不十分により、思わぬ赤字受注に陥るおそれもあります。
このため、建設業法や会計法では、入札参加者の適正な見積期間の確保を法定しています。
建設業法上の見積期間、国の工事の見積期間などそれぞれ違ってきますので、必ず確認が必要になります。

入札の書式と記載方法

入札書の書式は、下記のような書式となります。
公共工事発注者により若干異なることがあります。
入札書0809.bmp

この入札書に必要事項を記載した上で封函し、入札日に入札函に投入します。
この場合、入札書の記載数字に一定のルールがあります。
・算用数字を用いること
・入札書に記載する金額は、入札参加者が消費税法上の課税事業者あるいは免税事業者であるにかかわらず、入札参加者が見積もった契約希望金額の105分の100に相当する金額を記載すること

公正な入札と無効の入札例

入札参加者は独占禁止法等に抵触する不正行為を行ってはなりません。

例えば、他の入札参加者と入札価格などについて相談しないこと、落札決定前に他の入札参加者に入札価格を意図的に開示することなどを禁止しています。
公正な入札にするため、入札の心得があるといえます。

以下のような事項が、無効の入札に該当します。
(※無効とは、入札行為そのものがなかった状態になること)
・ 競争に参加する資格を有しない者の入札
・ 委任状を持参しない代理人の入札
・ 所定の入札保証金または保証金に代わる担保を納付または提供しない者の入札
・ 入札参加者の代表者の記名押印を欠く入札
・ 入札金額を訂正した入札
・ 誤字、脱字などにより意思表示が不明瞭である入札
・ 明らかに連合(談合)によると認められる入札
・ 同一事項の入札について他人の代理人を兼ね、または2人以上の代理人をした者の入札
・ その他入札に関する条件に違反した入札

電子入札システムの実施

近年、電子入札システムが実施されています。
もちろん、郵送による入札も認められております。 

電子入札とは、インターネットを活用すると
・競争参加資格の確認申請
・確認結果の受理
・応札
・応札結果の受理再入札
という一連の作業を行うことができるシステムが電子入札です。

競争参加資格がある建設業者であれば、誰でも容易に入札に参加できます。
そのため「なりすまし」、「改ざん」などの問題の可能性があるため、電子入札に参加する建設業者は、国土交通省の認定認証局が発行する電子認証書(有料)が必要となります。
電子入札システムの概念図は、以下の通りです。
(一部、変更となる場合もありますので、必ずご確認ください)
電子入札システム概念図0809.bmp

・発注者による入札情報の登録
・入札参加者による入札情報の閲覧
・さらに、発注者は指名通知書を発行し、入札へ参加
電子入札による入札参加者は、電子入札システムの入札書受付締切日時まで入札書の提出(データの送信)を行うことになります。紙入札同様、提出した入札書の引換、変更、取り消しは禁止されています。

入札における入札保証金

公共工事は整備の一環として、入札保証金(入札ボンド)の活用が位置づけられました。
近年一般競争入札方式や総合評価方式が拡大したことに伴ったための条件となります。

その原因となるのは、落札辞退になるケース(入札参加者となった場合でも契約を結ばない)が多くなったためと言われています。
その入札における入札保証金が、履行ボンド・履行保証保険と言われるものです。
その内容は、こちらにて分かり易く解説させていただきました。


履行ボンド、履行保証保険にまつわるお役立ち情報です。
初めての方のために、できるだけ分かり易く説明しています。 

※その他分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
丁寧にご説明いたします。 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼ 
TEL : 03-6661-9357
受付時間 : 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)
担当 : 水嶋(みずしま)

▲このページのトップに戻る